検索
  • 南村恵三

持続化給付金申請開始



コロナ禍対策として、国が5月1日から持続化給付金(法人200万、個人事業主100万)の申請と特別定額給付金(個人10万)の申請受付を開始しました。共に、オンライン申請が可能です。


ですが、オンライン申請の方法が両者で違うことが分かりました。


具体的には、持続化給付金の方は、マイナンバーカードを使用しなくとも申請が出来る。一方、特別定額給付金の方は、マイナンバーカードと電子証明書がそのカードに入っていて、マイナンバーポータルから申請するという違いがある。


何故、同じような給付金申請なのに両者に違いがあるのかな?、と疑問に思いました。

想像するに、前者の持続化給付金申請が経産省管轄で、後者の特別定額給付金の方は、内閣府(総務省)管轄であるため、違いがあるんじゃないかな?。


前者は簡単に申請できますが、後者は、例えばマイナンバーを使った確定申告をしていれば、比較的簡単に申請できます。そうでなければ、いろいろと準備が煩雑で難しいのではないかと思います。


緊急事態なので行政もチグハグなところは仕方ないにしても、簡単に電子申告する方法で統一するほうがスマートな気がします。


今回は、持続化給付金申請の方が、簡単に電子申告ができたので、本当に良かったと思います。


101回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示