検索
  • 南村恵三

経産省の新型コロナ対策


新型コロナウイルスで影響を被られている中小企業の皆様、お見舞い申し上げます。

さて、経産省が新型コロナウイルス感染症対策のパンフレットを発行しています。

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf


コロナ対策として、①資金繰り支援、②補助金申請の観点で、ポイントを以下に示します。


①資金繰り支援

・取引先民間の金融機関(+信用保証協会)の場合

 中小企業様の本店所在地の市区町村にて、セーフティネット(SN)保証4号、SN保証5号、危機関連保証の認定をもらう必要があります。

尚、各々売上高減少によって認定証が違ってきます。

SN保証4号は、売上高が前年同月比▲20%以上減少

SN保証5号は、売上高が前年同月比▲5%以上減少

危機関連保証は、売上高が前年同月比▲15%以上減少

これらの認定を基に、取引先民間の金融機関に相談したら、SN保証枠(4号、危機関連保証は100%保証、5号は、80%保証)、基準金利+▲0.9%引き下げ、無担保無利子の融資を受けられる可能性がありますので、取引先民間の金融機関に問い合わせることをお勧め致します。


・政府系金融機関(日本政策金融公庫)

 最近の1か月の売上高が、次のいずれかと比較して▲5%以上減少

a過去3か月(最近1か月を含む)の平均売上高平均額

b令和元年12月の売上高

c令和元年10月~12月の売上高平均額


基準金利+▲0.9%、こちらも中小企業で売上高▲20%減少ならば、無利子化されます。

こちらは、市区町村発行のSN保証号とは関係ありませんので、直接日本政策金融公庫に問合せください。


②補助金申請

・ものづくり・商業・サービス補助

・持続化補助

・IT導入補助


上記、3つの補助金に共通する特別枠は、

A:サプライチェーンの棄損への対応

B:非対面型ビジネスモデルへの転換

C:テレワーク環境の整備

です。


これらの特別枠申請によって、採択率や補助金率もアップされるので、該当する場合は、特別枠で申請することをお勧め致します。



 


25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示